追憶の調布関東村(2)調布関東村のシクスティーズ


05/11/26 by サカタ@カナダ

(2)調布関東村のシクスティーズ(1965-1973)

「関東村」google をさらに続けていくと、60〜70年代に調布基地関東村で高校時代を過ごした人々が、驚いたことに30年以上経った現在も校友会 (Chofu.org) を運営し、米国本土で同窓会を続けていることが判明。多くの会員が熱烈に往時を懐かしがっており、Chofu という文字と校章の入ったピンバッジやパーカまで販売しちゃってるのです。

高校大学の同窓会など音沙汰ないわが身を思うと信じがたいほどの熱意なわけですが、この Chofu.org のアルバムエリアに置かれたチアリーダーとかバンドとか卒業パーティの写真を眺めるにつけ、うーんすごいなーと嘆息します。立川基地が全盛期は完全にアメリカであったという話はよく聞きますが、関東村内部も幻のアメリカだったのですねえ。

写真をクリックすると Chofu.org のページに飛びます。「Dragon's Roar」はどういう人が作っているのか分からないのですが、昔の日本の写真をコレクトしているサイトのようです。



チアリーダーたち (C)Chofu.org

これが調布だとは。いわれないと絶対に分からない。


調布のシクスティーズ (C)Chofu.org

ましてやこれなど。ほんとに調布ですか。

プロム(卒業舞踏会) (C)Chofu.org

こんなところまでも完全にアメリカ式でしたのね。なんか、たとえ世界の僻地に飛ばされていても、子供らに非アメリカ的な思いはさせたくないといった、親たちの意地があったのじゃないかと想像させられます。


卒業アルバム (C)Chofu.org

卒業アルバムは日米同じようなものでした。Chofu.org では5年分のアルバムの全ページをスキャンして掲載しています。そういうところが本当に熱い校友会です。

関東村リビングルーム (C)Dragon's Roar

質素で快適そうな往時の関東村住居風景です。こうした家具は返還後は一切残っていませんでした。


関東村売店 (C)Dragon's Roar

ここであの有名なキャンベルの缶スープなどを購入していたのでしょうか。当時の住人によれば当時は1ドル 360 円だったので、基地の外では子供の小遣い程度でも豪勢な買い物ができてうれしかったそうです。

関東村シアター (C)Dragon's Roar

立川基地黄金時代にスティービーワンダーが慰問でやってきたという伝説がありますが、関東村のシアターは映画だけだったのでしょうか。


関東村プール (C)Dragon's Roar

このプールは関東村が消えるその最後まで、このまま存在しました。余生はカエルの王国になっていました。

←Chofu.org のこのページには往時の関東村全図が載っていますが、実は僕が管理していたのはこの地図の左側半分に過ぎず、右下(南東部)にあった中学、高校、教会、シアター、マーケット、コミュニティセンターその他の大型施設はすべて、日本に返還後いつの時点でかサラ地にされ残っていませんでした(79年の航空写真ではすでにサラ地)。

―――そうかこんなに大きな「町」だったのか。警備員当時は知らなかった事実がどんどん分かるインターネット時代。この町で上の写真のようなシーンをはじめ、さまざまに素晴らしい思い出があったんだろうなあ。実際この校友会の掲示板で、当時好きだった女の子の消息を尋ねる人とかたくさんいるし。

僕が警備をしていた頃も、「昔ここに住んでいたのですが、中を見せてくれませんか」といって旧住民がときおり訪れました。たいてい70年代は小学生ほどだった年頃の方々でしたが、特例として入場を認め、地図左下に写っている幼稚園、小学校、上の写真のカエルプールといった、関東村最後の名残施設に案内しました。

「グレード6(小6)のときはここのクラスで、このプールで泳いだんだよ! ここで友達とフェンスを破って脱走してさ!」

などと彼らは、押し寄せるノスタルジアにものすごく興奮していたのです。

後から廃墟遺跡として見れば、住宅棟しかなかった関東村よりも軍事施設だった近くの府中基地跡の方がずっとエキサイティングだったのですが、人々の青春と思い出は関東村にあったのだということを、この写真たちは語っています。こうして失われた旧職場の姿を発見して興奮している自分も、寄せる思いの熱さは同じなのです。

(続く)


追憶の調布関東村(1)調布関東村最後の日々
追憶の調布関東村(2)調布関東村のシクスティーズ
追憶の調布関東村(3)府中基地キノコの森
追憶の調布関東村(4)ゴールデンブラウンの立川基地
追憶の調布関東村(5)さよなら関東村
日記「立川基地の青春」(ランドリーゲイトの想い出)


雑文目次 / サカタ@カナダ Home / コメント