追憶の調布関東村(5)さよなら関東村


05/12/07 by サカタ@カナダ

(5)さよなら関東村


最後に残った関東村遺跡
(C)Studio Pooh & Catty


94年春カナダに渡ることを決めた僕は、キノコ隊長らと相談して当時仕事をなくしていた年下の友人をあとがまに推挙し、教育実習や研修ののち無事彼が調布基地関東村後継警備員と決まりました。

引き継ぎの日。関東村構内、飛び地、府中基地と彼を案内し、僕は仕事のあれやこれやを説明しました。3年前に隊長が自分にしてくれたことと同じことをしている。あの時と違うのは、廃墟の解体が進んで環境が激変し、キノコ関連で申し送ることがほとんどない点でした。隊長が教えてくれた倒木や切り株はみな土に埋められ、20年間落葉で理想的なコンディションを保っていたアミガサタケの苗床も、キャタピラに踏まれて消えて。

この関東村自体がなくなり大学が建てられることも、すでに決まっていました。関東村跡警備事務所の最後はこの後継青年が、97年に見届けてくれたのです。




最後の勤務日、僕は1人で事務所を掃除しながら、いろいろなことを思い出していました。

冬、極寒のプレハブ事務所でやかんの水が凍りついたこと。暖を取ったドラム缶の焚き火。

事務所でいつも読んでいた新聞の競馬記事。上京した父親と見に行ったジャパンカップで、天皇賞に続くオグリキャップの惨敗に落ち込んだこと。

そして有馬記念の翌日に読んだ高橋源一郎のコラム

湾岸戦争の報道を朝まで事務所で見続け、翌日書物を買い込み勉強したこと。

晴れた冬の日に見える富士山。場内いちめんの新雪。雪上に残る侵入者や犬の足跡。

夏は夏で事務所内が耐えられない温度になり、隊長が大工となってブレハブの周りに日よけを作ってくれたこと。ロビンソン・クルーソーみたいな彼の手により、孤島の粗末な事務所に家具や調理台が作り付けられ、文化生活指数が向上したのだった。

水が足りず菜園作りには失敗。

警備犬ビコが森の中を駆け巡る姿。カミナリが鳴るとおびえる彼を事務所に入れてやらねばならず、犬臭さに閉口したこと。

追いかけまわした悪ガキやサバイバルゲーム集団や凶犬使い

まるで恐竜の化石のようだった、エノキが出る倒木。

不法居住者の寝ぐらを見つけてしまったこと。彼に荷物をまとめさせゲートまで送り退去させながら、俺はまるで権力の犬だぜと落ち込んだ。

不規則な生活と、今思えばちゃんと料理しとけよ俺と思うような貧しい食生活に、体調を崩しがちだったこと。

巡回の合間にNHKラジオ英会話を聞き込んだこと。覚えた英語が訪ねてきた関東村旧住人相手にちゃんと役立ち、感心感心。

そして大規模な解体が始まった93年、コンクリート塵に満たされ終末が見えてきた構内で、バンドもなく文筆の道も切り開いていけない自分の力のなさに悄然としていたこと。あてもなくただ、コンピュータと英語のスキルを身につけようとしていたのだった。

長いこと世話になったな、関東村よ。ここに残っていてくれて本当に助かった。おかげで3年間ハッピーに暮らしてこれた。旅行をできたのも、自転車を買えたのも英語を覚えられたのも、みんな間違いなく関東村のおかげだ。本当に感謝するよ。

そしてビコ号と共にもう一度ゆっくりと時間をかけて構内を巡回してから、僕はゲートに鍵を下ろしました。





Funky Goods
「関東村跡地(2003)」
僕が関東村や府中基地に寄せる思いは、Chofu.org に集う人々や、立川基地で泣いたおじいさんたちと同じ種類のものでしょう。遠く、手が届かないゆえに強くこがれる気持ち。―――1・2・3・4、3・2・1・0。俺の気持ちは変わらないよ。前より君を思っているよ。俺は今でも宿なしだ。

今現在も関東村にはいくつかの建物が残っているらしいことを「Funky Goods - 関東村跡地」で知った僕は、その写真を夜中に見つめているのです。

(終わり)



長グツ警備ジャンパーのわが姿
(調布基地隣接サッカー場にて, 1990?)


追憶の調布関東村(1)調布関東村最後の日々
追憶の調布関東村(2)調布関東村のシクスティーズ
追憶の調布関東村(3)府中基地キノコの森
追憶の調布関東村(4)ゴールデンブラウンの立川基地
追憶の調布関東村(5)さよなら関東村
「追憶の調布関東村」コメント 日記「立川基地の青春」(ランドリーゲイトの想い出)


サカタ雑文総目次 / サカタ@カナダ Home